Photo: GETTY

モリッシーは40年のキャリアを記念したツアーを行うことを発表している。

「40イヤーズ・オブ・モリッシー」と題されたこのツアーは9月10日にメキシコ・シティから始まり、ペルー、コロンビア、チリ、アルゼンチン、ブラジルを回るものとなっている。

その後、ツアーは北米へと向かい、フロリダ州、ジョージア州、テネシー州、ワシントンD.C.、ニューヨークで公演が行われる。

ツアーはニューヨークのユナイテッド・パレスで行われる4公演と共に10月25日に締めくくられる。

モリッシーは7月8日のポーツマス・ギルドホール公演から始まるUKツアーを行うことも決定している。

先日、モリッシーは新作『ボンファイアー・オブ・ティーンエイジャーズ』をリリースしなかったキャピトル・レコーズを「ファシズム」と批判している。

このアルバムを巡る騒動は2022年まで遡るもので、モリッシーはアルバムがリリースされるはずだった日の2ヶ月前に「キャピトル・レコーズとの関係から自発的に手を引いた」と述べていた。

また、モリッシーは『ボンファイアー・オブ・ティーンエイジャーズ』に収録の“I Am Veronica”に参加したマイリー・サイラスが自身のヴォーカルを削除するように求めてきたことも明かしている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ