GETTY

Photo: GETTY

ディプロは今年のコーチェラ・フェスティバルのラインナップに感心しなかったとして、ヘッドライナーをブッキングするのに「難しい時代に来ている」と語っている。

ビヨンセ、マドンナ、ブリトニー・スピアーズジャスティン・ビーバーといったアーティストの曲を手掛けてきたディプロは新たなインタヴューで2023年にコーチェラ・フェスティバルについての見解を語っている。

ディプロはバッド・バニーやBLACKPINKといった今年のヘッドライナーについて「クール」ではあるものの、レッド・ホット・チリ・ペッパーズダフト・パンクといった過去のヘッドライナーには匹敵しないと語っている。

「コーチェラ・フェスティバルに関しては自分がちょっと歳を取りすぎたのかな」とディプロは『ハリウッド・レポーター』に語っている。「今年のコーチェラは最も歳を取ったなと感じたね。楽しかったよ。一般の人たちと一緒に行って、新しいバンドを観るのは大好きなんだ。でも、やりすぎかなとも思ったね」

「正直、ヘッドライナーをブッキングするのが難しい時代に来ているんだと思う」とディプロは続けている。「もうあまり残っていないんだ。レッド・ホット・チリ・ペッパーズとか、ダフト・パンクとか、すごいスーパーヒーローの時代は終わったんだよ。今回はバッド・バニーやBLACKPINKといった人たちがブッキングされて、クールだったけど、彼らはトップ40に最も多くの曲が入っているというだけでね。スタジアム・アクトみたいなものだよね」

レッド・ホット・チリ・ペッパーズとダフト・パンクはキャリアを通して数々のトップ40に入るヒット曲を輩出して、スタジアム・ツアーも行っている。

彼がふさわしいと思うヘッドライナーのブッキングが難しくなっている理由についてディプロは最近は「カルチャーとして重要な新しいアクトがあまりいない」と述べている。

「ラビリンスを観たんだけど、素晴らしかったよ。あれはリアルなコーチェラ・フェスティバルを体現していたと思う」とディプロは続けている。「彼には時代意識があった。でも、他のアーティストはカルチャーとしての試金石を探そうと奮闘しなきゃいけない感じがした。前にジミー・ファロンに『コーチェラってインフルエンサーの『サバイバー(※生き残りをかけて戦うテレビ番組)』だよね』と言ったんだけど、今年はまさにそんな感じだったね」

フランク・オーシャンは今年の1週目のコーチェラ・フェスティバルで6年ぶりとなるライヴを行ったが、足に怪我を負ったため、2週目はブリンク182がヘッドライナーとなっている。

「彼はファンに向けてコンサートをするということに関心がないんだと思う」とディプロはフランク・オーシャンのキャンセルについて語っている。「アイス・リンクがうまくいかなくて、それが何より必要だったわけだよね。彼は最高の声を持つ1人だけど、ライヴには関心がないんだ。あれはコーチェラ側の過ちだったと思うよ」

コーチェラ・フェスティバルは1週目の3日間で終演時間の取り決めを破ったとして11万7000ポンド(約1500万円)の罰金が科せられることも明らかになっている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ