GETTY

Photo: GETTY

デペッシュ・モードはフランスのテレビ番組で最新作『メメント・モリ』から“Wagging Tongue”を披露した映像が公開されている。

デイヴ・ガーンとマーティン・ゴアによるデペッシュ・モードは3月25日に放送された『タラタタ』で“Wagging Tongue”を披露している。

『メメント・モリ』においてデイヴ・ガーンがクレジットされている3曲のうちの1曲である“Wagging Tongue”はアルバムの2曲目に収録されている。

パフォーマンス映像はこちらから。

番組では“Personal Jesus”、“Ghosts Again”、“Precious”も披露されている。

死の不可避性を思い出させる品々、例えば骸骨などを意味するメメント・モリだが、マーティン・ゴアによれば、アルバムのタイトルは今年5月に結成メンバーのアンディ・フレッチャーが享年60歳で亡くなる前から決まっていたという。

「非常に不吉だけれど、すごくポジティヴに見ることもできると思うんだ」とマーティン・ゴアは語っている。「その日その日を最大限に生きなきゃいけないんだ。自分たちとしてはそう解釈したいと思っているんだよね」

マーティン・ゴアは次のように続けている。「アンディ・フレッチャーが亡くなった後、彼もやりたかったという確信が持てたから続けることにしたんだ。そして、このプロジェクトに別の次元の意味が与えられることになったんだ」

ジェイムス・フォードがプロデュースした新作『メメント・モリ』を引っさげてデペッシュ・モードはロンドンのトゥイッケナム・スタジアム公演を含むワールド・ツアーを2023年に行うことも発表している。

アルバムのストリーミングはこちらから。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ