GETTY

Photo: GETTY

ブラーのギタリストであるグレアム・コクソンは和解するためにノエル・ギャラガーが連絡してきたとするリアム・ギャラガーのツイートに反応を示している。

リアム・ギャラガーは疎遠だった兄のノエル・ギャラガーが「許しを請うために電話をしてきた」とツイートしている。「結構だね。会いたがっているけど、どう思う?」

予想された通り、リアム・ギャラガーのファンの多くはこのツイートに興奮して、ノエル・ギャラガーと和解するように呼びかけている。

ブリットポップ期にライバルだったグレアム・コクソンも反応を示しており、「ぜひ」とリアム・ギャラガーのツイートにリプライしている。

ブラーはロンドンのウェンブリー・スタジアムで行う2公演を含めて、2015年以来となるライヴを行うことが決定している。

今回のギャラガー兄弟の動きからはオアシス再結成の可能性がこれまで以上に高まっていることがうかがえる。

先日、ノエル・ギャラガーはオアシスの再結成について「絶対にないとは言えない」とBBCラジオ・マンチェスターに語っていた。「並外れた状況というのが必要になるだろうけどね」

昨年10月、ノエル・ギャラガーはオアシスの再結成について解散前と同じくらい「たくさんのアルバムが今も」売れているから「意味がない」と語っていた。

一方、リアム・ギャラガーは数年にわたってオアシスの再結成を支持しており、2022年2月にはオアシスは「解散するべきではなかった」として、ぜひ再結成させたいと語っている。

2020年、リアム・ギャラガーはオアシスの再結成についてノエルは「強欲で、金が好きだから、すぐに実現するか、しないかはあいつが分かってるよ」として「すぐに実現するだろう」と語っている。

また、最近の確執としてリアム・ギャラガーはノエル・ギャラガーに「断られた」ためドキュメンタリー作品『ネブワース22』にはオアシスの曲は使われていないことを明かしている。「オアシスの曲はまったくないんだ。怒り心頭の奴から断られたからな」

ノエル・ギャラガーは6月2日にニュー・アルバム『カウンシル・スカイズ』をリリースすることを発表して、シングル“Easy Now”が公開されている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ