GETTY

Photo: GETTY

ブラーは2023年にアイルランドのダブリンで公演を行うことを発表している。

ブラーは先週、2023年7月8日にロンドンのウェンブリー・スタジアムで公演を行うことを発表している。この公演はUKで一夜限りの公演とされていたが、驚異的なチケット需要を受けて翌日7月9日にも同会場で公演を行うことが決定している。

7月6日にフランスのノルマンディーで開催されるボーレガード・フェスティバルに出演することも発表されていたブラーだが、今回、6月24日にダブリンのマラハイド城で公演を行うことが決定している。

チケットは現地時間11月25日午前9時より販売される。

先日、ドラマーのデイヴ・ロウントゥリーは久々のライヴについて「死ぬまでにやりたかった」夢だったと語っている。

「僕らはできることはほぼすべてやってきたバンドだ。象徴的な場所、象徴的な会場、そういうのはすごく興奮するんだよね」

デイヴ・ロウントゥリーは次のように続けている。「顔には出さなくても、ひそかに死ぬまでにやりたいと思っていた会場の一つだよね。僕らがこうしたスタジアムを埋められるバンドであることを心から願っている。4人と犬が1匹なんて嫌だからね」

一方、ベーシストであるアレックス・ジェームスはバンドとして新曲を出す可能性について語っている。

「文字通り、デーモンといる時というのは次に何が起こるかなんて分かるわけがないんだよ。最後のライヴになるかもしれないし、新しいアルバムになるかもしれない。それも楽しみのうちなんだけどね。どうなるかは本当に分かるわけがないんだ」

また、コルチェスター議会はウェンブリー・スタジアム公演に先立ってウォームアップのライヴを同地でやってほしいと呼びかけている。

『デイリー・ガゼット』紙によれば、フロントマンのデーモン・アルバーンはコルチェスターで育ち、スタンウェイ・スクールに通っていた時にギタリストのグレアム・コクソンと出会っている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ