GETTY

Photo: GETTY

サム・スミスは自身が受けた同性愛嫌悪の体験について語っている。

サム・スミスは新たなインタヴューで成功して名声を手にしたら、自分のセクシャリティに対する罵倒はなくなるものだと思っていたと語っている。

しかし、サム・スミスは今も同性愛嫌悪の差別に遭遇することがあると述べている。

「今もなおクィアーにとっては大変なんだ。まだ反発があるんだよ」とサム・スミスはアップル・ミュージックでゼイン・ロウに語っている。「いまだに道端で何かを言われることもある。変なのは有名になって、ポップスターになっても、言われるということなんだ」

サム・スミスは次のように続けている。「だって、ポップスターになったら、もう二度と悪口をいわれることはないと思っていた。同性愛嫌悪なんかなくなるってね。スターになったら、そうした体験はなくなると思っていた。でも、いざそうなってみても、いまだに言われるんだよ」

サム・スミスはLGBTQ+コミュニティの代弁者としての役割を受け入れられるようになったと続けている。

「話していかなきゃいけないんだよ。それがどれだけパワフルなことか分かったから足を踏み入れたんだ。そして、それを必要としているキッズがいるんだよ。僕のような人たちが話をすることを求めているんだ」

サム・スミスとキム・ペトラスはコラボレーションした“Unholy”が全米シングルチャート1位を獲得しており、サム・スミスはノンバイナリーを公言しているソロ・アーティストとして初めて首位を獲得したアーティストとなり、キム・ペトラスもトランスジェンダーのソロ・アーティストとして首位を記録した初めての人物となっている。

“Unholy”は2023年1月27日にリリースされる通算4作目のアルバム『グロリア』から公開されたセカンド・シングルとなっている。

サム・スミス、コールドプレイ、ルイス・キャパルディは12月に開催されるキャピタルFMのジングル・ベル・ボールに出演することが決定している。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ