YouTube/BBC Radio 1/Getty

Photo: YouTube/BBC Radio 1/Getty

ルイス・キャパルディはBBCラジオ1の番組『ライヴ・ラウンジ』でブリトニー・スピアーズによる2003年発表の楽曲“Everytime”をカヴァーしている。

“Everytime”は大ヒットとなった“Toxic”と共に通算4作目のアルバム『イン・ザ・ゾーン』に収録されている。

ルイス・はピアニストとストリングス・セクションと共に同曲のカヴァーを披露している。

パフォーマンス映像はこちらから。

ルイス・キャパルディは先日、復帰シングルとなる“Forget Me”が全英シングル・チャートで初登場1位を記録しており、ミュージック・ビデオはワム!の“Club Tropicana”を再現したものとなっている。

自身の楽曲を披露した映像はこちらから。

“Forget Me”はルイス・キャパルディにとってデビュー・アルバム『ディヴァインリー・アンインスパイアード・トゥ・ア・ヘリッシュ・エクステント』のエクステンデッド・エディション以来の新曲となっている。

ルイス・キャパルディは“Forget Me”について次のように述べている。「戻ってきたよ。ニュー・シングルは“Forget Me”という曲なんだけど、正直になって歌詞はこれまでと同じような分野を扱っている。女性と出会い、女性は僕の下を去り、僕はそれをポップ・ソングで愚痴をこぼす。教科書通りだね」

ルイス・キャパルディはアビイ・ロード・スタジオでレコーディングしたオリヴィア・ロドリゴの“Driver’s License”のカヴァー音源もスポティファイ・シングルズで公開されている。

先日、ルイス・キャパルディはインスタグラムの生配信でトゥレット症候群であることを明かしている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ