GETTY

Photo: GETTY

コールドプレイはメキシコ公演で撮影された“Humankind”のミュージック・ビデオが公開されている。

“Humankind”は昨年10月にリリースされた最新作『ミュージック・オブ・ザ・スフィアーズ』に収録されている。

今回、コールドプレイは現在アルバムを引っさげたツアーの真っ最中だが、そのライヴの模様を撮影した“Humankind”のミュージック・ビデオが公開されている。

スティーヴィー・レイ・ギブスとジェイムス・マーカス・ヘイニーが監督した“Humankind”のミュージック・ビデオは4月に行われたメキシコシティのフォロ・ソルでの4公演で撮影されている。

“Humankind”のミュージック・ビデオはこちらから。

コールドプレイは現在ウェンブリー・スタジアムで6公演を行っており、8月23・24日にはグラスゴーのハムデン・パークで公演を行う予定となっている。

ウェンブリー・スタジアムでの公演でコールドプレイはクレイグ・デイヴィッド、H.E.R.、マックス・マーティン、ナタリー・インブルーリアを迎えており、ナタリー・インブルーリアとはオリビア・ニュートン・ジョンに追悼の意を表して映画『グリース』の曲“Summer Nights”をカヴァーしている。

先月、コールドプレイはロンドン・グラマーのハンナ・リードを迎えて、セレーナ・ゴメスが参加していた曲“Let Somebody Go”を披露している。

ロンドン・グラマーはコールドプレイとツアーをした体験について次のように語っている。「正直、おかしな体験だった。自分たちにとって初めてスタジアムでやった公演だったし、久しぶりのライヴだった。だから、クレイジーだった」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ