PRESS

Photo: PRESS

ロイル・カーナーはニュー・シングル“Georgetown”がミュージック・ビデオと共に公開されている。

“Georgetown”は7月にリリースされた“Hate”に続く楽曲で、“Hate”は2020年発表の“Yesterday”以来となる新曲となっていた。

マッドリブがプロデュースした“Georgetown”はガイアナ人詩人のジョン・アガードが『ハーフカースト』を読み上げるサンプリングが使われている。

“Georgetown”のミュージック・ビデオはこちらから。

「ジョン・アガードの詩『ハーフカースト』からは大きな影響を受けたんだ」とロイル・カーナーは語っている。「自分よりも歳上で、同じような見た目の人が似たような人生経験をしていることを知って、馴染めない自分が心地よく、誇らしく思えた。混血であることを明確に書く許可みたいのものを与えてくれたんだ」

「そのギャップには美しさがあって、この曲で触れたのはそれだった。自分を理解して、ルーツとなる国で過ごしたことで内面的な自信を見つけることができた。2つの半分ではなく、1つの総体としての人間を感じることを表現しているんだよ」

ロイル・カーナーはマッドリブとのコラボレーションが今後もリリースされることを示唆している。「マッドリブ/ロイル・カーナーのパズルは他にもあるんだ。ハード・ドライヴにはまだまだあるんだよ」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ