GETTY

Photo: GETTY

ザ・1975のフロントマンであるマット・ヒーリーは新作『ビーイング・ファニー・イン・ア・フォーリン・ランゲージ(原題)』をテイラー・スウィフトが初めて聴いた時の反応を明かしている。

通算5作目となる『ビーイング・ファニー・イン・ア・フォーリン・ランゲージ』はダーティ・ヒットより10月14日にリリースされ、マット・ヒーリーは新作について『ピッチフォーク』のインタヴューを受けている。

このインタヴュー記事では『ビーイング・ファニー・イン・ア・フォーリン・ランゲージ』について「極めて愉快で、母親のジョーク、Qアノンのジョーク、太ったお尻に夢中な10歳に関するジョークもある」と評されている。

さらに記事ではテイラー・スウィフトが新作について一言でいうと「笑えるわ」と語ったことも明かされている。コメディアンのボー・バーナムも同様の反応を示していて、マット・ヒーリーはアルバムを聴きながら「ボー・バーナムが適切なところで笑うのを喜んでいた」と書かれている。

インタヴューでマット・ヒーリーは彼とジョージ・ダニエルが新作でジャック・アントノフと取り組んだことについても語っている。

「世界でも最もビッグなプロデューサーと一緒にやるなんて『クールじゃない』と思う人もいるかもしれない。でも、気にしていないよ」とマット・ヒーリーはジャック・アントノフを迎えたことについて語っている。「素晴らしいレコードを作りたかったんだ」

ビーバドゥービーは『NME』のロング・インタヴューでザ・1975の『ビーイング・ファニー・イン・ア・フォーリン・ランゲージ』について「ものすごく素晴らしい」として「誰も予想だにしていない」と語っている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ