YouTube

Photo: YouTube

ファイヴィオ・フォーリンとザ・キッド・ラロイはコラボレーションしたニュー・シングル“Paris to Tokyo”がミュージック・ビデオと共に公開されている。

ファイヴィオ・フォーリンは今年4月にデビュー・アルバム『B.I.B.L.E.』をリリースしている。

“Paris to Tokyo”のミュージック・ビデオはこちらから。

ザ・キッド・ラロイはジャスティン・ビーバーとのコラボレーションである“Stay”がリリースされるまではスクーター・ブラウンのマネージメントに所属していた。しかし、入ってから4ヶ月も経たずにザ・キッド・ラロイは昨年9月にスクーター・ブラウンの下を非公開の理由で離れ、アダム・リーバーが手掛けるレベル・マネージメントに所属している。

スクーター・ブラウンはその際に声明で次のように述べている。「ザ・キッド・ラロイは輝かしいアーティストで、彼と彼の家族の幸運を祈っています。短い期間でしたが、歴史的な仕事をできたことを誇りに思っていますが、彼のことをずっと応援していくでしょう」

『B.I.B.L.E.』のストリーミングはこちらから。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ