Neil Bedford

Photo: Neil Bedford

カサビアンは最新シングル“Chemicals”のミュージック・ビデオが公開されている。

“Chemicals”は昨年リリースされた“ALYGATOR”と今年リリースされた“SCRIPTVRE”に続く楽曲で、8月5日にリリースされる通算7作目のアルバム『ジ・アルケミスツ・ユーフォリア』に収録される。

“Chemicals”のミュージック・ビデオはこちらから。

トム・ミーガンに代わってフロントマンを務めているサージ・ピッツォーノは“Chemicals”について次のように説明している。「これは自分に大丈夫と言い聞かせている曲なんだ」

「あらゆることが始まって数週間の自分に向けているんだ。未来の自分が『最低だけど、心配するな。いずれ良くなるから』と語りかけているんだ。だから、自分に語りかける曲は普遍的なんだよね。誰しもが人生の複雑さや混乱、死について向き合い方を見つけなければならないんだよ」

ニュー・アルバムについてサージ・ピッツォーノは次のように続けている。「他のアルバムと比較してこのアルバムに感じていることの一つは作品としてまとまっているということなんだ。マスタリングで一つの作品として聴いたのは美しい瞬間だった。7枚のアルバムでもまとまっている作品だよ。『荒野の七人』だね」

カサビアンはサマーソニックとソニックマニアに出演することが決定している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ