GETTY

Photo: GETTY

レッド・ツェッペリンのロバート・プラントは新たなインタヴューでドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』へのゲスト出演を断ったことを明かしている。

カナダのジョージ・ストロンボロポロスの番組に出演したロバート・プラントはドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の質問をされて、番組自体を観たことはないものの、「出演のオファーを受けた」と語っている。

「ハマり役になりたくなかったんだ」とロバート・プラントは冗談を飛ばしている。「あんなものは僕が始めたんだよ。“Immigrant Song”に立ち返ってみれば、レッド・ツェッペリンはアイスランド政府との文化交流に参加していたんだ。その小さな島に誰を招こうとしていたのか、分かってなかったみたいだね」

どんな役のオファーだったのかと訊かれると、ロバート・プラントはマネージャーに確認して「決まっていなかった」と答えが返ってくると、次のように冗談を飛ばしている。「多分、馬に乗ることになったんだじゃないかな」

レッド・ツェッペリンの音楽は様々な映画やテレビ番組で使われているが、役者としての仕事は2つしかしていないと見られている。一つは『レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ』の幻想シーンで演じた無名のキャラクターで、もう一つはイギリスのシットコム『ステラ』の第5シーズンにおけるカメラ出演となっている。

8シーズンに及ぶドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』にはこれまで複数のミュージシャンが出演しており、エド・シーランコールドプレイのメンバー、マストドン、スノウ・パトロール、シガー・ロス、オブ・モンスターズ・アンド・メンらが出演している。

ロバート・プラントは現在2021年に発表した『レイズ・ザ・ルーフ』を引っ提げたツアーをアリソン・クラウスと行っている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ