GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズが予定されていた米テレビ番組への出演を取り消したと報道されている。

昨日、アクセル・ローズはアメリカのテレビ番組「ジミー・キンメル・ライヴ」への1月5日に出演することが発表されており、番組のオフィシャル・サイトにもその名前が記されていた。しかし、その後、番組のサイトからは名前が削除される事態となっている。

音楽サイト「ブラバーマウス」によれば、ガンズ・アンド・ローゼズのファンサイトである「MyGNRForum.com」には、その後このような書き込みがあったという。「理由は明かされていないんだ。バンドに通じる人物にメールを送ったところ、アクセルは明日の番組には出ない模様だ。うまく行けば、明くる日にはもう少し何か聞けるだろう。なんで、そんなにがっかりしてないよ。明日の『ジミー・キンメル・ライヴ』ではないだろうってだけだ。それが知ってることのすべてだけどね」

「ジミー・キンメル・ライヴ」の該当ページはこちらから。

http://abc.go.com/shows/jimmy-kimmel-live/news/schedule/jkl-schedule-for-01042016

ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズは新年を記念したツイートで、クラシック・ラインナップでの再結成について肯定も否定もしていない。

ガンズ・アンド・ローゼズとLCDサウンドシステムの両バンドが今年のコーチェラ・フェスティバルで再結成を果たすという噂は12月末に報じられており、LCDサウンドシステムはその事実について認めている。ガンズ・アンド・ローゼズは25公演のスタジアムのほか、レディング・アンド・リーズ・フェスティバルにも出演すると噂されている。

アクセル・ローズによるツイートはこちらから。

https://twitter.com/axlrose/status/682813785233567744

今のところ「確定した」と俺が知っているのはタコ・ベルへの愛だけだぜ! うーん……タコ・ベル!! 新年おめでとう!!

スラッシュとアクセル・ローズが和解したことで今年の後半は再結成についての噂を加熱させることになり、クラシック・ラインナップ時のマーチャンダイズもここ数ヶ月販売されるようになっている。

オフィシャル・サイトのストアのページには、5人のメンバーの骸骨をあしらった『アペタイト・フォー・ディストラクション』のジャケットの絵柄による毛布や、クッション、クリスマス用の靴下、オーナメントなどが追加されている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ