GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズのベーシストであるダフ・マッケイガンはセックス・ピストルズから受けた影響について語っている。

ダフ・マッケイガンは現地時間5月18日にニューヨークのメトログラフで開催されたセックス・ピストルズの伝記映像作品『ピストル』の上映イベントに出席している。

クレイグ・ピアースが脚本を手掛け、ダニー・ボイルが監督を務めた『ピストル』は世界各地で5月31日に配信される。スティーヴ・ジョーンズによる2018年刊行の回顧録『ロンリー・ボーイ:テイルズ・フロム・ア・セックス・ピストル』を原作とした本作はトビー・ウォレスがスティーヴ・ジョーンズを、ジェイコブ・スレイターがポール・クックを、アンソン・ブーンがジョン・ライドンを、クリスチャン・リースがグレン・マトロックを演じている。

イベントで『ステージ・ライト・シークレッツ』のインタヴューを受けたダフ・マッケイガンはセックス・ピストルズから受けた影響について次のように語っている。「セックス・ピストルズの曲の弾き方を覚えたことはまったくないんだ。“Bodies”のような曲でもね。後に曲のことも知ったけど、スティーヴ・ジョーンズがギターを攻撃するように弾いていることだったりのほうが大きかった。それでギターを手にとって、弾き方を覚え始めたんだけど、彼の前にジョニー・サンダースがいて、彼がその影響を受けていることを知った。まるで音楽学校のようだった。(ドラマーの)ポール・クックは現代のロックンロールの創始者だよね。すべてがポール・クックに遡るんだ。自分はベース・プレイヤーで、リズム・セクションだから、ポール・クックは77年以降に結成されたロックンロールの原動力だったんだよ」

「彼らの曲の弾き方を覚えることは重要じゃないんだ。曲を聴いて、すべてを取り入れて、自分のバンドを結成することが大切なんだ」

彼は次のように続けている。「自分はそこからパンク・シーンに属することになった。個人と個性、フリークであること、アウトサイダーであることが重要な時代だった。小さなシーンがあったんだ。ダウンタウンやストリートでは小さなライヴが行われ、行くと、あらゆる世代がいた。国際的なバンドも来るようになり始めた。1979年にザ・クラッシュがやってきて、100人くらいがいた。999が来て、ザ・ジャムが来て、ザ・スペシャルズが来て、ポリスが来た。そして、アメリカのバンドも始まっていったんだ。もちろん、ラモーンズも観たよ。みんな、ラモーンズを観ていた。ラモーンズなしにセックス・ピストルズは語れない。最初の2組だったんだ。あらゆることの始まりだったんだよ」

「当時のパンク・シーンとザ・ピストルズが生み出したものは本当に特別なものだった。ガンズ・アンド・ローゼズもなかったし、メタリカも、ナイン・インチ・ネイルズも、ニルヴァーナもなかった。まだまだあるね。フー・ファイターズとかね。あれがなかったら存在しなかったよ」

先日、ガンズ・アンド・ローゼズはフェスティバルへの出演が嵐のために中止となったことが明らかになっている。

ガンズ・アンド・ローゼズはフロリダ州デイトナ・ビーチにあるデイトナ国際スピードウェイで開催されていたウェルカム・トゥ・ロックヴィルに現地時間5月21日にヘッドライナーとして出演する予定だったが、天候のためにフェスティバルは途中で切り上げられている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ