YouTube

Photo: YouTube

スマッシング・パンプキンズはアメリカのテレビ番組『ザ・レイト・レイト・ショウ・ウィズ・ジェームズ・コーデン』で“Today”を披露した映像が公開されている。

“Today”はスマッシング・パンプキンズが1993年にリリースしたセカンド・アルバム『サイアミーズ・ドリーム』に収録されている。

フロントマンのビリー・コーガンが選曲についてジェームズ・コーデンに次のように冗談を飛ばしている。「この曲は人生でもすごく落ち込んでいる時に書いたんだけど、君と会うことになったのを知ってね。それだと悲しくなるから『この曲をやろう』と思ったんだ」

パフォーマンスの映像はこちらから。

ビリー・コーガンはパフォーマンスに先立って来たる通算12作目のアルバムについても語っている。「原点に戻ったんだ。1995年発表の『メロンコリーそして終りのない悲しみ』と2000年発表の『マシーナ』の続編なんだ」

ビリー・コーガンは2020年にも33曲が収録されるという「続編」となるアルバムについてYouTubeで語っている。

「ロック・オペラのような感じなんだ」と彼は語っている。「いろんな意味で始めたものの当時は完成させられなかった円が閉じるような感じなんだ。だから、すごく興奮しているよ」

ビリー・コーガンは昨年3月に新作のレコーディングを始めたことを明かしており、7月にはギタリストのジェフ・シュローダーが「次の大作に取り組んでいる途中」だと語っていた。ジェフ・シュローダーは今年4月にアルバムが完成したことを明かしている。

スマッシング・パンプキンズは今月から「ロック・インヴェイジョン2」ツアーをスタートさせ、10月からはジェーンズ・アディクションの共同ヘッドライナー・ツアーを行うことが決定している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ