GETTY

Photo: GETTY

コールドプレイは環境に配慮した『ミュージック・オブ・ザ・スフィアーズ』ワールド・ツアーで「グリーンウォッシング(偽善的な環境への配慮)のために利用されてしまった間抜け」と評されたことについてコメントしている。

コールドプレイによる二酸化炭素排出量を削減する計画は肯定的に受け止められているが、彼らが提携した企業については批判が表面化している。

先週、コールドプレイはフィンランドの石油会社であるネステと排出量を半分に減らすために提携することを発表している。ネステは持続可能なバイオ燃料の世界最大の生産者とされながらも、同社のパーム油の供給者は2019年から2020年の間にインドネシアとマレーシアを含む国々で24710エイカーの森林を伐採したとされている。

トランスポート&エンヴァイロンメント・キャンペーンのカルロス・カルヴォ・アンベルは次のように述べている。「ネステは自社の評判をグリーンウォッシュするために皮肉にもコールドプレイを利用しているのです」

「この会社はクリス・マーティンや彼のファンが憤慨するような森林伐採に関係しています。ネステとの提携を止めて、本当にクリーンな解決策に注力するのに遅すぎることはありません」

コールドプレイは批判を受けて声明を発表している。「このツアーを発表した時にできるだけ二酸化炭素を減らして、持続可能なものにするために最善を尽くすと言いましたが、現在進行系であるとも言いました。これはいまだに健在です。すべてがうまくいくとは言っていません」

「バイオ燃料の提供社としてネステを指名する前に生産に未加工の植物原料、特にパーム油を使わないことを保証してもらいました。食用油や木材パルプ製造の副産物など、再生可能な廃棄物のみを使用しているというのが私たちの理解です」

トランスポート&エンヴァイロンメント・キャンペーンはEUに供給されるバイオ燃料のほとんどがインドネシアや中国といった国からの輸入品であるという調査を考えると、食用油を持続可能なものとして考えるのは「疑わしい」と主張している。

加えてトランスポート&エンヴァイロンメント・キャンペーンは食用油に動物性油脂を使用することは、気候変動の大きな要因である農業用メタン排出につながるとも述べている。油脂の多くは工業型農業から提供されている。

『ミュージック・オブ・ザ・スフィアーズ』ワールド・ツアーの施策は2016年から2017年にかけて行ったツアーと比較して二酸化炭素排出量を50%削減するものとなっている。また、ツアーのプロダクションと陸上輸送において「化石燃料の使用をなくす」ことが目的とされている。

「すべてではないですが、ほとんどの都市でバイオ燃料と再生可能エネルギーを組み合わせることでこれを達成できます」と今回コールドプレイは声明で述べている。「持続可能な航空燃料で飛行機からの排出も削減しようとしています」

ネステのスポークスパーソンは同社が「持続可能性に違反することは一切認めていません」と述べている。「コールドプレイとのコラボレーションにおいて従来のパーム油は原料として使用されていません」

「ネステは2023年末までに全世界の再生可能原料の投入量に占める従来のパーム油の割合を0%にすることを計画しています」

現在、ネステの燃料投入量のうちパーム原油は7%を占めている。ジェット燃料は使用済み食用油、動物性油脂、その他の廃棄物や残滓とのブレンドとなっている。

しかし、ネステは『ガーディアン』紙に対して「契約上および競争上の理由」でジェット燃料におけるパーム脂肪酸蒸留物の割合を明かすことを拒んでいる。イギリスや多くのEUの国ではパーム脂肪酸蒸留物をパーム油精製の副産物とみなしているが、フィンランドはそうではない。

他にもコールドプレイはBMWが公演の電力供給用に充電式電気自動車のバッテリーを提供していることでも批判されている。インフルエンス・マップによれば、BMWはドイツの自動車産業において影響力のあるロビイストだという。

「コールドプレイはだまされたのです」とサム・オブ・アスのオーイン・ダブスキーは述べている。「BMWはEUが2035年に自動車からの排出をゼロにすることを防ぐためのロビー活動を行っており、コールドプレイは利用されたのです」

コールドプレイは今回の声明で他の電気自動車メーカーにもアプローチしたが、「BMWが協力を申し出てくれた」と述べている。

「私たちが企業としてのポリシーに関与したり影響することはありません」とコールドプレイは続けている。「私たちにはBMWのバッテリーが必要で、それによって再生可能エネルギーで公演の電力を賄うことができています」

「最善を尽くしていますし、よりよくするための提案は純粋に歓迎します」

先日、コールドプレイは『ミュージック・オブ・ザ・スフィアーズ』ワールド・ツアーに際して来場者が二酸化炭素の排出量が少ない移動手段を計画できるアプリを公開している。

コールドプレイは昨年10月にリリースされた通算9作目のアルバム『ミュージック・オブ・ザ・スフィアーズ』のツアーを3月にコスタリカから開始している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ