Andy Cotterill

Photo: Andy Cotterill

ジョニー・マーはレッド・ホット・チリ・ペッパーズのギタリストであるジョン・フルシアンテとすぐに意気投合した逸話について語っている。

ジョニー・マーは2009年に発表されたジョン・フルシアンテの通算8作目となるソロ・アルバム『ザ・エンピリアン』に参加しているが、すぐに打ち解けたと語っている。

ジョニー・マーは『トータル・ギター』紙に次のように語っている。「単純化した一般論ではなく、ギタリストには間違いなく血筋みたいなものがあって、ジョンと自分はすぐに意気投合したんだ。ギタリストにはこだわりがあるんだよ。ギターのモデルにせよ、サウンドにせよ、スケールにせよ、すべてがパッケージになっているようなところがあるんだ」

「ジョンと僕は彼の自宅でレコーディングしたんだけど、素敵だったね。彼といると、静かな激しさのようなものがあるんだ」

ジョニー・マーはジョン・フルシアンテの音楽へのアプローチについて「神聖とも言えるものだ」と賛辞を寄せている。

ジョン・フルシアンテもジョニー・マーの音楽へのアプローチについて「まったく型破りなものだった」と振り返っている。

「本当に楽しかったよ。ジョニー・マーのギターにおけるクリエイティヴなプロセスを見ることができたんだ。まったくオーソドックスじゃないんだよ。ザ・スミスの作品ではギターがバンドに溶け込むことが多いんだけど、アイディアの思い付き方、楽器を通しての考え方を個別に見ると、まったく型破りなものだったんだ」

「そして、そうしたクリエイティヴなプロセスが既にレコーディングしてあった音源にフィットしていくのを見るのは素晴らしいことだった」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ