GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズのギタリストであるスラッシュはフロリダ州オーランドで行ったライヴで「親しい友人」だったテイラー・ホーキンスに追悼の意を表している。

現地時間3月25日にフー・ファイターズはテイラー・ホーキンスが享年50歳でコロンビアのボゴタで亡くなったことが発表されている。「フー・ファイターズのファミリーはテイラー・ホーキンスの早すぎる悲劇的な死に打ちひしがれています」死因については発表されていない。

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ、クイーンのブライアン・メイ、オジー・オズボーン、ジョン・メイヤー、サム・フェンダー、リンゴ・スター、ニッケルバック、インキュバスらはテイラー・ホーキンスに追悼の意を表している。

オーランドのハード・ロック・ライヴで行った公演でスラッシュは“Starlight”をテイラー・ホーキンスに捧げており、観客に次のように述べている。「昨晩、親しい友人であるフー・ファイターズのドラマーであるテイラー・ホーキンスを亡くしたことは多くの人が知っていると思う」

「なんと言っても最高の奴だったんだ。素敵な人物だった。いい友人で、素晴らしいドラマーだった。彼を失って、完全に打ちひしがれているよ。だから、今夜はある曲をやって、彼に捧げたい。このツアーではやっていない曲をやるよ。でも、今夜はやりたいと思う。“Starlight”という曲なんだ」

訃報を受けてコールドプレイリアム・ギャラガーはライヴで曲をテイラー・ホーキンスに捧げている。マイリー・サイラスはロラパルーザ・ブラジルのライヴをテイラー・ホーキンスに捧げており、ステレオフォニックスはフー・ファイターズの“Beat Of You”をカヴァーしている。

エルトン・ジョンは「フェアウェル・イエロー・ブリック・ロード」ツアーの一環でアイオワ州デモインのウェルズ・ファーゴ・アリーナで行ったライヴでテイラー・ホーキンスに追悼の意を表している。

エルトン・ジョンはテイラー・ホーキンスの死について次のように語っている。「ショックを受けているよ。彼は『ロックダウン・セッションズ』に参加してくれているんだ。会った中でも最も素敵な人物の1人で、最高のドラマーの1人だった。あらゆる音楽を愛し、あらゆる人生を愛した人物だった」

「彼の音楽は生き続けるだろう。でも、素晴らしい奴だということは間違いなく言えるよ」と語って、エルトン・ジョンは“Don’t Let The Sun Go Down On Me”を捧げている。

テイラー・ホーキンはコロンビアのボゴタの保険当局によって最初の薬物検査が行われており、鎮静剤、抗鬱剤、マリファナが体内から発見されたことが明らかになっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ