GETTY

Photo: GETTY

トリヴィアムのマット・ヒーフィーはソロのブラック・メタル・プロジェクトのイバラキによるデビュー・アルバム『羅生門』よりマイ・ケミカル・ロマンスのジェラルド・ウェイとのコラボレーションとなる新曲が公開されている。

“Rōnin”という新曲にはエンペラーのイーサーンが作曲で参加している。9分の楽曲は2人の人物が洗脳されて、催眠術をかけられるミュージック・ビデオと共に公開されている。

“Rōnin”のミュージック・ビデオはこちらから。

マット・ヒーフィーはツイッターですべてのスクリームをジェラルド・ウェイが担当していることを明かしており、それこそが曲の「お気に入りの瞬間」だと述べている。イーサーンはプロデュースとギター・ソロを担当しており、トリヴィアムのアレックス・ベントがドラムを担当し、イーサーンの家族がコーラスで参加している。

マット・ヒーフィーはジェラルド・ウェイとのコラボレーションについて次のように述べている。「イーサーンや(ベヒーモスの)ネルガルと同じようにジェラルド・ウェイは自分にとって長年のインスピレーションだったんだ。クリエイティヴになる動機の源として常々見てきたんだ。ジェラルドと自分はイバラキやブラック・メタルが属する場所とは違うジャンルの出身で、ある種アウトサイダーとも言えるけど、境界を突破しようという情熱がこのパフォーマンスの目的であり、精神となったんだ」

イバラキは2012年に別のプロジェクトでイーサーンがマット・ヒーフィーに声をかけたところから始まっている。イバラキはスカンジナヴィアの神話やノルウェーの神話を題材としたムリチュというプロジェクト名だったが、日本の伝承を題材とした内容に変更されている。

アルバムからはベヒーモスのネルガルがヴォーカルを務めた“Akumu”とイーサーンが参加した“Tamashii No Houkai”も公開されている。

アルバム『羅生門』は5月6日にニュークリアー・ブラストよりリリースされる。

アルバムのトラックリストは以下の通り。

‘Hakanaki Hitsuzen’
‘Kagutsuchi’
‘Ibaraki-Dōji’
‘Jigoku Dayū’
‘Tamashii No Houkai’
‘Akumu’ featuring Nergal
‘Komorebi’
‘Rōnin’ featuring Gerard Way
‘Susanoo No Mikoto’ featuring Ihsahn
‘Kaizoku’

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ