Stefano Masselli

Photo: Stefano Masselli

ビー・ユア・オウン・ペットは2008年の解散後、初となるライヴのために再結成を果たすことが決定している。

ビー・ユア・オウン・ペットはジャック・ホワイトによる「サプライ・チェーン・イシュー」ツアーでサポート・アクトを務めるという。

ビー・ユア・オウン・ペットは4月28日にアトランタのザ・タバナクルで行われる公演と4月30日に出身地であるナッシュヴィルのアセンド・アンフィシアターで行われる公演に出演する予定となっている。

シンガーのジェミナ・パールは再結成について次のように述べている。「14年間にわたって胸にビー・ユア・オウン・ペットの穴を抱えてきました。私たちは人生が変わる体験を一緒にしたので、大人としてもう一度一緒にやるのは家に帰ってきたような感じです」

「楽しんで、いい時間を過ごすためにこうしたことになりました」とギタリストのジョナス・スタインは続けている。「時が過ぎたことでネガティヴなものも人生経験となり、ポジティヴなものが増え、楽しく笑えるようになりました。安全に楽しみましょう」

ビー・ユア・オウン・ペットはセカンド・アルバム『ゲット・オークワード』からユニバーサル・ミュージックによって歌詞が「過激過ぎる」としていくつかの曲が削除されており、2008年に解散している。

プレス発表によれば、レーベルが「合わないワープト・ツアーにも出演するようプレッシャーをかけていた」として、バンドは「追い込まれて限界を超えてしまった」という。

「アルバムから3曲を削除したことに傷ついています」とジェミナ・パールは当時述べている。「レーベルは私達がティーンエイジャーに悪影響を与えるのではないかと懸念していました。ワープト・ツアーに出るように強制されたのが私たちを解散させ、終わりの始まりになってしまいました」

「僕らは非常に若かったのです」とジョナス・スタインは述べている。「すべての体験を振り返ってみると、若い子どもたちが大人のゲームをやるなんてよくなかったなと思う一方で、『素晴らしい体験だったな。やってやったぜ』と思う部分もある。うまくいっていたんだけど、止める時に止めることにしたんだ」

ジャック・ホワイトは昨年11月に作『フィアー・オブ・ザ・ドーン』と『エンタリング・ヘヴン・アライヴ』という2枚のアルバムをリリースすることを発表している。『フィアー・オブ・ザ・ドーン』は4月8日に、『エンタリング・ヘヴン・アライヴ』は7月22日にリリースされる。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ