GETTY

Photo: GETTY

ジョニー・マーはザ・スミスで「政治をめぐって口論になったことはなかった」と述べ、「おそらく今ならそうなってしまうだろう」と語っている。

ジョニー・マーとソングライティングのパートナーだったモリッシーは1980年代のザ・スミスの解散後、メディアを通して口論を繰り広げており、モリッシーは先日インタヴューで自分のことに言及しないよう求めている。

『ガーディアン』紙の新たなインタヴューでジョニー・マーはザ・スミスやソロについてのファンや有名人からの質問に答えている。

ジョニー・マーはグレーター・マンチェスターの首長であるアンディ・バーナムから以下の質問を受けている。「政治やサッカーをめぐってザ・スミスで口論になったことはありましたか?」

ジョニー・マーは次のように答えている。「サッカーについて話をしたことはなかったね。そして、政治をめぐって口論になったことはなかった。おそらく今ならそうなってしまうだろうね」

続けてファンからは次のような質問が寄せられている。「自分としてはモリッシーの最近の政治的見解がザ・スミスに影を落としているように思います。過去に遡って、自分にとって大切なものを汚されているのです。彼にはがっかりしています。ザ・スミスの感じ方にそれは影響を与えていますか? もしくは過去と現在を、バンドとあの人物を分けて考えることはできますか? 自分としては難しいように思うのですが」

これにジョニー・マーは次のように答えている。「ザ・スミスの感じ方に影響を与えてはいないね。言えるのはそれだけだ。過去と現在は分けて考えることができると思っているよ。バンドとその人物を分けて考えることはできるかは分からない。でも、僕はその人物と自分自身を切り離すことはできる。そうしてきたしね。みんなががっかりしているのを見ていると悲しくなるけど、それは完全に僕にはどうしようもないことだからね。自分にできることをするだけだ」

「そして、リアルだと思うからザ・スミスの曲を演奏しているんだ。長年にわたって自分としてはできるだけカタログやリリースを大切にしようとしてきたんだ。だから、僕もみんなと同じように見ているんだ。自分には答えなんてないし、答えなんてあってほしくもないね」

先日、モリッシーはジョニー・マーにインタヴューで自分のことに言及するのを止めることを求めている。『モリッシー・セントラル』に掲載されたテキストでモリッシーは次のように述べている。「これは大袈裟な暴言などではありません。落ち着いた上での丁寧なお願いです。インタヴューで私の名前に言及するのは止めていただけないでしょうか?」

「代わりに自身のキャリアやソロでの留まることを知らない功績、自身の音楽について語っていただけないでしょうか? できれば、私のことは除外してもらえないでしょうか?」

モリッシーは次のように続けている。「事実、あなたは私のことを知りません。私の生活、私の思い、私の考え、私の気持ちについて知らないわけです。にもかかわらず、常に邪魔されず私の本能的な部分を見てきた専属の精神科医のようにあなたは語っています」

これに対してジョニー・マーは次のようにツイートしている。「オープン・レターというのは1953年以降、存在していない。今はすべて“ソーシャル・メディア”だ。ドナルド・J・トランプでさえ、それを会得していた。あとはフェイク・ニュース・ビジネスもね。今は2021年だよね?」

先日、ジョニー・マーはザ・スミスでバンドメンバーだったモリッシーについて「近い関係」ではなく、それはお互いが「違う」からだと語っている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ