GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズのギタリストであるスラッシュはバンドが「フル・アルバムに相当する」新曲をリリースする可能性について語っている。

昨年、ガンズ・アンド・ローゼズは“Absurd”と“Hard Skool”という2曲の新曲をリリースしている。どちらも『チャイニーズ・デモクラシー』期に書かれた楽曲だが、現在のラインナップによって録り直されたものとなっている。

これらの楽曲はアクセル・ローズ、スラッシュ、ダフ・マッケイガンが参加した28年ぶりの楽曲となっている。スラッシュとダフ・マッケイガンは1993年発表の『スパゲッティ・インシデント?』のリリース後に脱退していたが、2016年にガンズ・アンド・ローゼズに復帰している。

スラッシュは再加入後、新曲を書いていないと語っていたが、未発表の楽曲を掘り下げる可能性はあると述べている。

「ガンズ・アンド・ローゼズの新曲に関しては、まだ腰を据えて本格的に曲を書く段階には至っていないんだ」とスラッシュは語っている。「しばらく寝かせていた音源をたくさんやっていたんだ。だから、とりあえずはそこに集中していくことになるだろうね」

『クラシック・ロック』のインタヴューでスラッシュは新作が出る可能性について語っている。「ガンズ・アンド・ローゼズの新曲が出ていくことになるよ。多分、フル・アルバムに相当する楽曲を出していって、まとまった形にすることになるんじゃないかな。素晴らしいよね。曲に取り組むのが楽しいし、いい時間を過ごしているんだ」

2019年にダフ・マッケイガンはガンズ・アンド・ローゼズが新作に取り組んでいると語っていた。「何かをやる直近のスケジュールがあるわけではないんだ。アクセルが取り組んでいた素晴らしいものは聴いたよ。彼がやっているのはクールなものでね。だから、もちろん、その可能性については楽しみにしているよ」

「アルバムは現実のものとしてあるわけだけどさ。しかし、ガンズ・アンド・ローゼズの楽しいところ、クールなところというのは話をしないことなわけでね。次に起きることが起きるんだよ」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ