GETTY

Photo: GETTY

クイーンのドラマーであるロジャー・テイラーはサシャ・バロン・コーエンの俳優としての能力に疑問を呈して、2018年公開の『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディ・マーキュリーを演じたとしても「ひどい」ものだっただろうと語っている。

サシャ・バロン・コーエンは映画が発表された2010年9月の時点でフレディ・マーキュリーを演じる予定となっていた。しかし、2013年の夏に彼はこのプロジェクトを降りており、ロジャー・テイラーとブライアン・メイがフレディ・マーキュリーの刺激的な私生活よりも「バンドの遺産を守ろうとしていた」と語っていた。

『クラシック・ロック』誌のインタヴューでロジャー・テイラーはサシャ・バロン・コーエンについて次のように語っている。「彼だったら、ものすごくひどいものになっていただろうね。何はともあれ、サシャ・バロン・コーエンは傲慢だったね」

「彼は身長も15cm高かったしね。でも、彼の映画を5本観たけど、彼はそこまで優れた俳優じゃないという結論に達したんだ」

彼は次のように続けている。「間違っているかもしれないけどさ。素晴らしい反体制的なコメディアンだとは思うよ。そこは優れているよね。ラミ・マレックはほぼ不可能とも言える役で素晴らしい仕事をしたと思う」

フレディ・マーキュリーは最終的にラミ・マレックが演じて、アカデミー賞の主演男優賞を獲得している。映画『ボヘミアン・ラプソディ』は大きな成功を収めたものの、フレディ・マーキュリーがバンドメンバーにHIV陽性であることを伝えた日を含めて演出のために、時系列を変更したことが批判されていた。

その点についてロジャー・テイラーは「あくまで細部であり、実話をフィクションにしたわけではない」として「時系列をいじった」だけだと述べている。

「映画を作る時は大体100分くらいにしなきゃいけないわけでさ。作り上げるためには時系列をいじらなきゃならないんだよ」と彼は説明している。「映画がうまくいくこと、それが優先事項だったんだ」

先日、ブライアン・メイはトランス・コミュニティに対する自身の発言について弁解して、ジャーナリストに「微妙に捻じ曲げられた」と語っている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ