GETTY

Photo: GETTY

エルトン・ジョンは「フェアウェル・イエロー・ブリック・ロード」ツアーの一環でワトフォードFCのスタジアムで2公演を行うことが決定している。

エルトン・ジョンはワトフォードFCとの長年の関係で知られており、1976年にクラブのチェアマンとなり、現在も終身名誉会長であり続けている。彼にちなんでヴィカレージ・ロード・スタジアムのスタンドの一つはエルトン・ジョン・スタンドという名前となっている。

1974年、2005年、2010年にヴィカレージ・ロード・スタジアムで公演を行ってきたエルトン・ジョンだが、今回2022年の6月3日・4日に公演を行うことを発表している。

「単純にフェアウェル・イエロー・ブリック・ロード・ツアーの一環として最後にヴィカレージ・ロードでやらなきゃならなかったんだよ」とエルトン・ジョンは述べている。「長年にわたるクラブやファン、選手、スタッフとの関係というのは自分にとって本当に大切なものでね。いい時も悪い時もワトフォードは人生の大きな一部となってきたんだ」

「心からこのクラブが好きだし、あのスタンドで人生でも最高の日々を過ごしてきた。この公演は間違いなく感動的なものになるだろうね。同輩のワトフォード・ファンに囲まれるわけだからね。最高だよ。一緒にいろんなことを経験してきたんだ」

エルトン・ジョンは来年の5月から「フェアウェル・イエロー・ブリック・ロード」ツアーのヨーロッパ・ツアーを行う予定で、ハイド・パークで公演を行うことも決定している。

エルトン・ジョンは今年の9月から12月にかけてUKツアーを行う予定だったが、「転倒したことで股関節にかなりの痛みと不快感を感じる」ことから2023年4月から5月にかけてに延期されている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ