GETTY

Photo: GETTY

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンはカイル・リッテンハウスが第一級殺人と他4つの重罪の罪が無罪になったことを受けて力強い声明を発表している。

18歳のカイル・リッテンハウスはウィスコンシンのケノーシャで行われたブラック・ライヴス・マターの運動で2人を銃殺しており、負傷者も生んでいる。

現地時間11月19日にカイル・リッテンハウスは第一級殺人や安全を脅かした罪など、5件の犯罪で無罪となっている。

この裁判は世界的な注目を集めており、アメリカの銃法制について議論を生むこととなっている。判決を受けてソーシャル・メディアではエンタテインメントの人物も怒りを表明しており、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンもその1人となっている。

「アメリカにおける無罪の定義とは何でしょう? タミル・ライスはおもちゃで遊んでいただけで警察官によって殺害されました。誰も逮捕されていません。アマード・アーベリーはジョギングをしていて、白昼に殺害されました」

「カイル・リッテンハウスは武装して、人種的正義のために抗議を行う人を殺害しました。彼は自己防衛だと主張しています。これはアメリカ建国神話における入植者の論理です。白人の人々は抵抗する人々への抑圧の暴力を正当化するために被害者を演じるのです。自由の地、勇気の家へようこそ」

ギタリストのトム・モレロは個人的に次のようにツイートしている。「裁判所が白人至上主義を保護して執行しようとしている時は嘆くのではなく、組織となることが大切です」

レディー・ガガは今回の判決を受けて「制度的抑圧は邪悪なものであり、世界を破壊します」と述べている。

デスティニーズ・チャイルドのミシェル・ウィリアムスは判決について「驚きはない」とツイートしており、ザ・ルーツのクエストラヴは「家に留まって、安全にするように」とツイートしている。

※事実誤認がありました。公開後、記事を修正しました。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ