GETTY

Photo: GETTY

ミック・ジャガーは弟のクリス・ジャガーの新たなミュージック・ビデオに出演している。

ミック・ジャガーは9月10日にリリースされたクリス・ジャガーのアルバム『ミキシング・アップ・ザ・メディシン』に収録の“Anyone Seen My Heart”でデュエットしている。

クリス・ジャガーはこの曲について次のように語っている。「トーマス・ベドスという無名の詩人のことを知ったんだ。エズラ・パウンドの本で読んだんだけど、トーマス・ベドスに言及していてね。『デスズ・ジェスト』という本があるんだけど、そこで不思議な戯曲を書いているんだ」

アルバムにはさらにトーマス・ベドスの作品に影響された曲が2曲収録されている。クリス・ジャガーは次のように語っている。「彼はブリストル出身の詩人で、彼の父親はパーシー・ビッシュ・シェリーと知り合いだった。だから、ロマン派詩人の直後だったんだよね。彼はアルコール依存症で、1849年にバーゼルで服毒して自殺した。彼は僅か45歳だった。彼の詩を読んで、それを取り入れて曲にしたんだ」

“Anyone Seen My Heart”のミュージック・ビデオはこちらから。

クリス・ジャガーはアルバムと共に回想録『トーキング・トゥ・マイセルフ』も刊行している。

出版社は本書について次のように述べている。「クリス・ジャガーがイギリスのカルチャーの歴史において最もカラフルでエキゾチックだった時代の一つを明らかにする番です。戦後のダートフォードという爆心地と配給券の中で育った内幕を明らかにし、1960年代後半におけるロンドンのカウンタカルチャーの輝かしいアンダーグラウンドを潜り抜け、多くの人が真似する前に数ヶ月をインドで過ごしました」

「俳優や映画の仕事で浮き沈みを経験し、独自の音楽キャリアの追求は複数のアルバムと世界各地のライヴに結実しました。しかし、最終的には結束が強い家族と兄弟の絆の魅力的な物語です」

先日、ザ・ローリング・ストーンズはチャーリー・ワッツの死にもかかわらず、予定通りアメリカ・ツアーを行うことを発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ