GETTY

Photo: GETTY

デュア・リパはエルトン・ジョンとのコラボレーションによる新たなトラック“Cold Heart”を予告している。

エルトン・ジョンは昨年11月に行われたデュア・リパの配信ライヴ「スタジオ2054」にも参加している。また、デュア・リパはエルトン・ジョンによるアカデミー賞前のエイズ団体のパーティーでヘッドライナーを務めている。

デュア・リパはソーシャル・メディアでエルトン・ジョンとのコラボレーションによる新たなトラックが8月13日にリリースされることを発表している。

グルーヴをベースにした“Cold Heart”の公開された一部音源はエルトン・ジョンの“Sacrifice”のヴォーカルで始まり、デュア・リパが名曲“Rocket Man”を取り入れた一節を歌っている。

「みんなにデュア・リパとのニュー・シングルがあることをようやく伝えられて嬉しいよ。“Cold Heart (PNAU Remix)”は金曜日に出るよ」とエルトン・ジョンは今回のコラボレーションについて述べている。

「デュア、君のことは大好きなんだ。これを一緒に作れたことは素晴らしい経験だった。みんなに聴いてもらうのが待ちきれないよ」

デュア・リパはコメント欄で「愛しています。興奮しています」と応じている。

エルトン・ジョンはアップル・ミュージックのゼイン・ロウのインタヴューでロードやビリー・アイリッシュと共にデュア・リパは賛辞を寄せている。一方、デュア・リパは先日300回に達したエルトン・ジョンのラジオ番組『ロケット・アワー』で“Levitating”がかけられたことを受けて「おかしくなりそう」と述べている。

また、エルトン・ジョンは歌詞に自身の名前が登場するBTSの“Permission to Dance”を歌う動画を投稿している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ