GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュはインターネットで受ける中傷について語っている。

7月30日にセカンド・アルバム『ハピアー・ザン・エヴァー』をリリースしたビリー・アイリッシュは新たなドキュメンタリーで常にインターネットで中傷されると、いいことをする意味が見えなくなってしまうと語っている。

ビリー・アイリッシュは現地時間8月7日22時30分に放送されるBBCによるドキュメンタリー『アップ・クロース』でクララ・アンフォに対して語っている。

先行公開された動画でビリー・アイリッシュはインターネット上の中傷に絶望を感じることもあると語っている。

「クレイジーなことを書いている人たちはそれを見ると思ってないのよ」とビリー・アイリッシュは語っている。「実生活ではそんなことは言わないもの」

「いいことをする意味は何だろうという気持ちになる」と彼女は続けている。「そういうことを言われ続けると、間違ったことをするようになる」

「世界に対していいことをしよう、人々のためにいいことをしようと懸命に取り組んでいるわ」

アルバムのリリースに合わせてビリー・アイリッシュは新作の制作について「最も満足のいく、最も奥深い経験」だったと述べている。

彼女はインスタグラムで次のように述べている。「私のセカンドアルバム『ハピアー・ザン・エヴァー』が発売されました。このアルバムは、これまでの私の音楽制作の中で、最も充実していて、最も満足のいく、最も奥深い経験になりました。フィニアスと私はこのアルバムを作ることで至福の時を過ごしたと思います。私はこのアルバムのすべての曲をとても気に入っていて、正直これを世に出して誰かに聞かせることが怖いです。泣きそうです。このアルバムを作る過程で、私はとても自己実現と自己反省について考え、成長しました。このアルバム制作中は、私の人生の中で最高の夜だったので、過去に戻ってもう一度作ることができたらと思います。そして、兄のフィニアス、あなたでいてくれてありがとう。愛しています。あなたは最高の兄であり、コラボレーターであり、このアルバムはあなたなしでできなかった。とにかく、私はこの日が来たのをとても嬉しく、緊張している。ああ、のアルバムを大切にしてくれると嬉しい。私にとって大事だから。本当に信じられない」

ビリー・アイリッシュはセカンド・アルバムを曲順通りにハリウッド・ボウルで全曲披露したコンサート映像『ハピアー・ザン・エヴァー:L.A.へのラブレター』が日本のディズニープラスでも9月3日より配信されることが決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ