GETTY

Photo: GETTY

ブリトニー・スピアーズの弁護士であるサミュエル・D・インガムは彼女の代理人を辞める書類を提出したと報じられている。

『デッドライン』と『TMZ』の報道によれば、このニュースはブリトニー・スピアーズが正式な引退を検討していることを知って長年のマネージャーであるラリー・ルドルフが辞職したのから24時間も経たないものとなっている。

サミュエル・D・インガムは後見人制度の判事だったリヴァ・G・ゲッツによって2008年にブリトニー・スピアーズの弁護士に任命されており、以来13年にわたって彼女の代理人を務めてきた。『デッドライン』がロサンゼルス最高裁から入手した書類には次のように記されている。「サミュエル・D・インガムは被後見人であるブリトニー・ジーン・スピアーズの法定弁護士をこれをもって辞任し、新しい法定弁護士の任命をもって有効となります」

同じ書類の中で法律事務所のローブ&ローブがブリトニー・スピアーズの後見人制度の裁判から撤退することも示されている。

この撤退は近年、後見人制度の裁判を担当している判事のブレンダ・ペニーによって許可されなければならない。

先月、ブリトニー・スピアーズはロサンゼルス最高裁で判事のブレンダ・ペニーに対して後見人制度について24分間の証言を行っている。彼女は後見人制度について「虐待とも言える」と述べ、結婚することや子どもを作ること、避妊リングを外すことを禁じられていたと述べている。

ブリトニー・スピアーズは父親のジェイミー・スピアーズを後見人制度の保佐人から外す申し立てが裁判所から棄却されたことが明らかになっている。

また、ブリトニー・スピアーズは後見人制度について証言を行う前日に後見人制度の犠牲者であることを伝えるために警察に通報していたことも明らかになっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ