GETTY

Photo: GETTY

エルトン・ジョンはヨーロッパ・ツアーを巡るEU離脱の合意について「壊滅的」としつつも、新進気鋭のアーティストを援助しようとしている。

ヨーロッパにおけるミュージシャンとクルーのビザなしの渡航と労働許可を求める交渉については失敗に終わっており、エルトン・ジョンはUKアーティストのツアーを危機にさらしているとして政府を批判してきた。

先日、エルトン・ジョンは政府を「俗物主義者」と評しており、若いアーティストのキャリアを「犠牲にしている」と述べている。

今回、エルトン・ジョンとパートナーのデヴィッド・ファーニッシュはEU離脱に関するEU側の首席交渉官であるミシェル・バルニエとオンライン会議を行っており、アーティストのビザを必要としない措置と移動の自由について話し合っている。

「EUは離脱するものの、アーティストのビザを必要としない措置と移動の自由について闘っているエルトン・ジョンと話すことができて、ものすごく嬉しかったです」とミシェル・バルニエは会議のスクリーンショットと共にツイートしている。「市民、アーティスト、学生などがEU離脱でまず見過ごされた人々でした。こうなる必要はなかったのです」

エルトン・ジョンはこのツイートを引用しながら次のように述べている。「デヴィッドと私はアーティストのために、特にキャリアのスタートにいるアーティストのために闘い続けます。イギリス政府の壊滅的な貿易交渉の大きな穴のために見過ごされたんだ」

彼は次のように締めくくっている。「今は音楽業界を守り、未来の才能を支える行動が必要なんだ」

先日、EU離脱の交渉にあたったイギリス側のバロン・フロストは政府への批判に次のように反論している。「みなさんがそうした状況に直面することになるのは申し訳なく思います。この国は欧州連合を離脱することを決め、移動の自由を終わらせることにしました。しかし、これは大きな変化をもたらすことになるでしょう。その変化が起きないようにしようとしても仕方ありません」

また、レディオヘッド、ウルフ・アリス、アイドルズ、ポピー・アジューダなど、200組を超えるアーティストや音楽業界の団体は「#LetTheMusicMove」というキャンペーンに協力しており、EU離脱後のツアーを巡る失策について行動を起こすようイギリス政府に求めている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ