GETTY

Photo: GETTY

ザ・ドアーズのジム・モリソンはその死から50周年を迎えたことを受けて、ファンがオンラインや実際の現場で追悼の意を表している。

ジム・モリソンは1971年7月3日に享年27歳で亡くなっている。彼はパリのアパートのバスタブで亡くなっているところを発見されている。当時、ザ・ドアーズは通算7作目となるアルバム『アザー・ヴォイセズ』をレコーディングしている最中だった。

50周年を記念して多くのファンがパリのペール・ラシェーズ墓地を訪れて、聖地巡礼を行っている。

『ガーディアン』紙に対してオランダ人ファンのイメルダ・ボガードは次のように語っている。「命日だったり、12月8日の誕生日、できるだけここには来るようにしています。音楽は多くの幸せを与えてくれ、私たちを結束させてくれます」

ジム・モリソンの公式ツイッターは次のように述べている。「ザ・ドアーズの伝説的フロントマンにして詩人、シンガー、アイコンであるジェイムス・ダグラス・モリソンを今日は偲んで、讃えてください」

「最も好きな発言や歌詞の一節をツイートして、彼の伝説を祝ってください」

ザ・ドアーズのメンバーは通算5作目となる『モリソン・ホテル』が50周年を迎えたことを受けて、同作のコミックを刊行している。

『モリソン・ホテル』は昨年10月に60分以上の未発表音源を追加したデラックス・エディションもリリースされている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ