GETTY

Photo: GETTY

ブリトニー・スピアーズは父親のジェイミー・スピアーズを後見人制度の保佐人から外す申し立てが裁判所から棄却されたことが明らかになっている。

『ヴァラエティ』誌によれば、現地時間6月30日にロサンゼルス最高裁によって出された書類では判事がブリトニー・スピアーズの弁護士であるサミュエル・D・インガムによるジェイミー・スピアーズを保佐人から外す「数ヶ月に及ぶ」申し立てを棄却したという。

裁判所はバスマー・トラストがブリトニー・スピアーズの財産の共同保佐人を務めることは許可したものの、ジェイミー・スピアーズを保佐人から外すことは棄却されている。書類は6月30日の日付で判事の署名が入っている。ブリトニー・スピアーズは6月23日に後見人制度を終わらせることを求める24分間の証言を行っていた。

「ジェイミー・S・スピアーズの役割を停止して、バスマー・トラストを単独の保佐人とする後見人制度の申し立てはこの件に限り棄却されました」と書類には記されている。

書類には裁判所がブリトニー・スピアーズが「財産の管理や詐欺ないしは不当圧力の拒否を行うことが実質的に可能ではない」とも記されていたという。

『ニューヨーク・タイムズ』紙によれば、ジェイミー・スピアーズはブリトニー・スピアーズが証言で語ったことの正確さを求める調査を求めていた。彼女は後見人制度について「虐待とも言える」と述べ、結婚することや子どもを作ること、避妊リングを外すことを禁じられていたと述べている。

「全世界に向けて私は問題なく幸せだと嘘をついていた」とブリトニー・スピアーズは証言で語っている。「でも、今は真実を伝えるわ。いい? 私は幸せではなかった。眠ることもできなかった。ひどい状況に怒っていた。気が滅入って、毎日泣いていたわ」

ジャスティン・ティンバーレイクやマライア・キャリーらは公判で語られたブリトニー・スピアーズの証言を支持することを表明している。妹のジェイミー・リン・スピアーズも証言を受けて姉を支持すると述べていた。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ