GETTY

Photo: GETTY

エド・シーランはエルトン・ジョンの“Tiny Dancer”をエルトン・ジョン、コートニー・コックス、ブランディ・カーライルと共にカヴァーして、『フレンズ』への出演で知られるリサ・クドローに捧げている。

『フレンズ』のシーズン3第1話でリサ・クドロー演じるフィービー・ブッフェは最高の恋愛ソングについて「エルトン・ジョンがドラマ『フーズ・ザ・ボス』の男に書いた曲ね」と語っており、レイチェルがどんな曲と訊くと、「Hold me close, young Tony Danza」と歌っている。

「リサ・クドロー、これは君のためのものだよ」とエド・シーランは紹介して、エド・シーランとブランディ・カーライルはアコースティック・ギターを演奏し、コートニー・コックスはピアノを演奏している。

パフォーマンス映像はこちらから。

先日、エド・シーランは女優のコートニー・コックスと『フレンズ』で有名なモニカとロスによるダンスを再現している。シーズン6の「夢のカウントダウン・パーティー」でデヴィッド・シュワイマー演じるトスとコートニー・コックス演じるモニカはダンス・ルーティンを披露している。『フレンズ』でも神回となっている「夢のカウントダウン・パーティー」だが、コートニー・コックスとエド・シーランは自身のバージョンを披露している。

先日、コートニー・コックスは『フレンズ』が復活した特別番組に出演している。

また、エド・シーランはUEFAユーロ2020のTikTokでの配信で新曲を初披露することが明らかになっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ