GETTY

Photo: GETTY

コールドプレイは新プロジェクトとなる「エイリアン・ラジオ」を予告している。

現地時間4月27日にソーシャル・メディアでは短い動画が投稿されており、紫のシンボルが移り変わるラジオの雑音が伴ったものとなっている。投稿はエイリアン・ラジオと呼ばれるサイトに誘導するものとなっている。

エイリアン・ラジオのサイトに行くと、中心で円が回転してカーソルが十字形の星となるサイトが用意されている。

円の上にカーソルを乗せると様々な言語で語られるラジオの周波数が表示され、衛星打ち上げの広告やシャーロック・ホームズの『踊る人形』や『不思議の国のアリス』といった名作文学の引用などが読み上げられるものとなっている。

現在のところ、このプロジェクトの全貌は明らかにされていないものの、ファンは解読しようと努めている。

映像に使われている紫のシンボルは文字として解読できるとのことで、ツイッター・アカウント「コールドプレイエクストラ」によれば「コールド・プレイ “Higher Power” 5月7日」を意味しているという。

「エイリアン・ラジオ」のサイトで上部に流れるテキストは新曲“Higher Power”の歌詞を意味するのではないかと推測されている。

歌詞の一部は次のようなものとなっている。「This joy is electric and you’re circuiting through / I’m so happy that I’m alive happy I’m alive at the same time as you」

また、紫のシンボルを使ったデジタルの屋外広告がニューヨークやロンドン、サンティアゴ、ソウルなどで目撃されている。

コールドプレイは新曲のリリースを正式に発表していないものの、グラストンベリー・フェスティバルの配信ライヴに出演することが決定している。

先日、コールドプレイは『ミュージック・オブ・ザ・スフィアーズ』というニュー・アルバムに取り組んでいると報じられていた。

『ザ・サン』紙によれば、バンドに近い情報筋はコールドプレイが新型コロナウイルスのロックダウンを通して新曲のレコーディングを行っており、それらは通算9作目のアルバムに収録されると語っている。

「クリス(・マーティン)たちはしばらくヒントを出してきましたが、ついに離陸したのです」と情報筋は語っている。「ロックダウンの間、彼らは新曲にせわしなく取り組んできました。それらはすべて『ミュージック・オブ・ザ・スフィアーズ』というワーキング・タイトルのアルバムに結実する予定です」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ