Tamiym Cader for NME

Photo: Tamiym Cader for NME

ビーバドゥービーはザ・1975のマット・ヒーリーとジョージ・ダニエルが参加した新曲を今週リリースすることが明らかになっている。

リリースされる“Last Day On Earth”はビーバドゥービーとザ・1975のマット・ヒーリーとジョージ・ダニエルが制作したEPからの最初の楽曲になるという。

1月にマット・ヒーリーはビーバドゥービーとチャーリーXCXとコラボレーションしていることを予告していた。チャーリーXCXとのコラボレーションはノー・ロームも参加した“Spinning”が今月公開されていたが、ビーバドゥービーとのコラボレーションも今回リリースされることになる。

マット・ヒーリーはインスタグラムで“Last Day On Earth”のアートワークを公開し、「このレコードを作る機会をもらえたことに非常に恐縮している」と述べている。

昨年9月に行われたアップル・ミュージックのインタヴューでビーバドゥービーは新たなEPについて次のように語っている。「大きなリリースではなくて、アルバムの後には可愛いものが来ることになるわ。アルバムの後も数曲をやったんだけど、正直言って最も好きな体験の一つとなった。すごく有益な時間だった。夜はレディットの動画を観て、日中は音楽を作っていたの」

「そんなにたくさんじゃないけどね。ちょっとしたEPになるわ。でも、今考えているのはアルバムを聴いてもらえるようになるまでは待ってもらわなきゃいけないことよね。けど、音楽をリリースされるのを取っておきたくないの。というのも、これが今まで以上に私自身だと思っているから。これまでのEPでも言ってきたことだけどね。これが最高の私自身なのよ」

ビーバドゥービーは昨年デビュー・アルバム『フェイク・イット・フラワーズ』をリリースしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ