GETTY

Photo: GETTY

ボブ・ディランは先週、ダブリン公演後にザ・ポーグスのシェイン・マガウアンと一緒に過ごしたことが明らかになっている。

ボブ・ディランは先日、UKとアイルランドのツアーを5月11日にダブリンの3アリーナ公演で締めくくっている。『アイリッシュ・サン』紙によれば、ボブ・ディランはシェイン・マガウアンと一緒に過ごすため彼のホテルに招待したという。

シェイン・マガウアンのマネージャーであるジョーイ・キャッシュマンは同紙に対して次のように語っている。「ボブはダブリンにいる時にシェインにとても会いたがってたんだ。そして、ボブ・ディラン側の人々もそれをよく分かっていてね。そこには多大なリスペクトがあって、ディランは昔、ポーグスをオープニング・アクトにブッキングしてくれた人の一人だったんだ。実際にはシェインは参加できなかったんだけどね」

「僕はディランがシェインがアメリカに行けなかったことに気づかなかったと思ってるんだよね。というのも、バンドは彼なしですごく素晴らしかったらね。あのツアーはクレイジーだったよ。それに僕もツアー中にディランの息子のジェシーと良い友達になったんだ」

「ディランは彼の仲間にシェインと連絡を取らせたんだけど、シェインはあまり体調が良くなくて気乗りしない様子だったよ。でも、彼は行きたいと思ったんだろうね。チャンスを逃すことはできなかったんだ。俺たちはホテルに行って受付にシェインが着いたことを知らせたよ。ボブは10分以内には下に来ていたね。それで俺たちは日曜にホテルで食事をしたんだ。夜遅くまでになったんだけどね」

ジョーイ・キャッシュマンは次のように続けている。「ディランはシェインに“Fairytale Of New York”を書くのにどれくらいかかったか訊いたんだけど、シェインはこうつぶやいたよ。『大体15分くらいかな』てね。シェインは彼の曲について人が騒ぎ立てるのはあまり好きじゃないんだ。多くのミュージシャンはそうだよね。でも、彼らは語り合っていたよ。2人とも詩にすごく興味があるしね。ディランはディラン・トーマスから名前をとっていてね、だから、ああいう綴りなんだ。それで2人は長い間話し込んでいたよ。素晴らしい夜だったし、シェインは本当に楽しんでいたね。2人は絶好調だったよ。一生に一度の夜って感じだったね」

先日、ボブ・ディランはインタヴューの中で「最近の」お気に入りのアーティストについて訊かれている。彼は次のように答えている。「イギー・ポップの『アプレ』、あれは素晴らしいアルバムだったね。イメルダ・メイ、彼女は好きだよ。ヴァレリー・ジューンやステレオフォニックスもね」

ボブ・ディランは次のように続けている。「ウィリー・ネルソンとウィントン・マルサリスがノラ・ジョーンズが一緒にやったアルバム(『ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン ~ライヴ・イン N.Y. Live』)、あのレイ・チャールズに捧げているアルバムが好きなんだ。エイミー・ワインハウスの最後のアルバムも好きだったよ」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ