GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーノエル・ギャラガーは共同の映画製作会社を登記したと報じられている。

その確執が2009年のオアシスの解散に繋がることになった疎遠な関係のノエル・ギャラガーとリアム・ギャラガーだが、企業登記局によれば、2人は「映画製作活動」を行うコズミック・カイトという会社を設立したという。

『ザ・サン』紙は、オアシスとノエル・ギャラガーのマネージメントを行っているイグニッションのアレック・マッキンレーと共にノエル・ギャラガーとリアム・ギャラガーの名前が取締役に記されていると報じている。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』や『ロケットマン』の成功を受けてリアム・ギャラガーとノエル・ギャラガーは伝記映画を制作するのではないかという噂も浮上している。

リアム・ギャラガーはこの事業について3月17日に次のようにツイートしている。「映画にするんだ。俺からビッグなスターを作るんだ」

『NME』では担当者にコメントを求めている。

年始にリアム・ギャラガーはノエル・ギャラガーのことを「ずっと」大好きだとして「2021年は俺たちの年だ」とツイートして、オアシスの再結成をほのめかしていた。

先月も、あるファンが「やあ、リアム、オアシスが復活するという希望をどうか自分に与えてほしい。私は19歳なんだけど、あのコンサートを体験したい」とツイートすると、リアム・ギャラガーは一言「実現するよ」と応じていた。

先月、オアシスはネブワースでの2公演から25周年を迎えるのに先立ってファンからの思い出を募集している。オアシスは1996年8月10日・11日にハートフォードシャーのネブワースで25万人に対して2公演を行っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ