PRESS

Photo: PRESS

ティーンエイジ・ファンクラブは来たるニュー・アルバム『エンドレス・アーケイド』より新曲“The Sun Won’t Shine On Me”が公開されている。

“The Sun Won’t Shine On Me”は新作から公開された3曲目の楽曲となっていて、アルバムのリリース発表時に“Home”が、続いて“I’m More Inclined”が公開されていた。

フロントマンのノーマン・ブレイクは“The Sun Won’t Shine On Me”について次のように語っている。「これはティーンエイジ・ファンクラブでも珍しい曲でね。ワルツのテンポなんだ」

“The Sun Won’t Shine On Me”の音源はこちらから。

今年1月にティーンエイジ・ファンクラブは「コントロールできない状況」のために『エンドレス・アーケイド』のリリース日を3月5日から4月30日に延期することを発表している。

加えてバンドはUK&ヨーロッパ・ツアーを延期することを発表している。ツアーは2021年9月の5公演からスタートし、2022年4月〜5月にツアーは再開される。

『エンドレス・アーケイド』はティーンエイジ・ファンクラブにとって通算11作目となるアルバムで、30年近く在籍した結成メンバーのベーシストであるジェラルド・ラヴが2018年に脱退してからリリースされる初めてのアルバムとなっている。ウェールズ出身のゴーキーズ・ザイゴティック・マンキより2018年に加入したユーロス・チャイルズが参加した初めてのアルバムともなっている。

「エンドレス・アーケイドとは永遠に続く想像とミステリーの感覚をもって彷徨う街として考えたものなんだ」とソングライターのレイモンド・マッギンリーはプレス・リリースで述べている。

「アルバムのタイトルについてはこの曲の集まりに対して何かを言い得ているように思ったんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ