Mario Rubén Carrión

Photo: Mario Rubén Carrión

セニア・ルビノスはニュー・シングル“Did My Best”が公開されている。

新曲“Did My Best”は映画監督であり写真家でもあるマリオン・ルーベン・キャリオンが監督を手掛けたミュージック・ビデオと共に公開されている。

“Did My Best”のミュージック・ビデオはこちらから。

「このビデオを作ることは、自分自身の癒しの儀式だと感じました」とセニア・ルビノスは語っている。「この曲が誰かの気持ちを休ませる場所になればいいなと思っていて、この曲の中に自分自身を感じて、必要な時にこの曲に包まれることができたらいいなと思っています」

新曲“Did My Best”について彼女は次のように続けている。「これは突然の喪失感と、別れを告げられなかったあの人にもう一度会いたいという願いを歌った曲です」

「歌うのをやめてしまうと思った瞬間のことを覚えています。泣きすぎて、そもそも泣いていた理由を忘れるみたいでした。聴き返しているうちに、手足の毛が真っ直ぐ立ち上がって、顔が熱くなるのを感じました。ふと、あの懐かしい感覚を感じました。その瞬間、隔離中の花火と救急車のサイレンが鳴り響く不気味な夜の地下室で、私は自分がなぜ歌うのかを思い出しました」

セニア・ルビノスは2016年にアルバム『ブラック・テリー・キャット』をリリースしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ