GETTY

Photo: GETTY

ジェイ・Zは最近交わした2つの契約によって総資産が40%増加している。

先週、ジェイ・Zはツイッターの共同創業者であるジャック・ドーシーが経営するモバイル支払サービスのスクウェアにタイダルの経営権を含む株式を2億9700万ドル(約315億円)で売却している。

ジェイ・Zは高価シャンパン・ブランドのアルマン・ド・ブリニャックの50%の株をモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンに売却している。

その結果、『フォーブス』誌によれば、ジェイ・Zの資産は10億ドル(約1080億円)から14億ドル(約1500億円)に増加している。

『フォーブス』誌はアルマン・ド・ブリニャックの株の売却でジェイ・Zは3億2000万ドルの利益を得たという。ジェイ・Zは他にもウーバー、スペースX、レストラン・チェーンのスウィートグリーン、生命保険会社のエートスに投資している。

ロック・ネイションの関連事業は1億4000万ドルの価値で、コニャック・ブランドのデュセイは1億2000万ドルの価値となっている。彼の音楽出版権は9500万ドル、アート・コレクションは7000万ドル、不動産は5000万ドルの価値となっている。

マドンナ、ダフト・パンク、リアーナといった株主は引き続きタイダルの株を所有するということで、第二の株主となっている。ジェイ・Zは今回の契約でスクウェアの取締役会に参加することになる。

売却後、一連のツイートでジェイ・Zはタイダルについて「音楽ストリーミング以上のものだと」長く信じてきたと述べている。

「6年が経ち、キャリアのあらゆる時期でアーティストをサポートするプラットフォームとなってきました」と彼は述べている。「そのクリエイティヴな旅路を援助するツールを手にする資格がアーティストにはあるのです」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ