GETTY

Photo: GETTY

ザ・マーズ・ヴォルタは解散から8年を経て18枚組のアナログ盤によるボックスセットをリリースすることを発表している。

『ラ・リアリダッド・デ・ロス・スエニョス』と題されたボックスセットはザ・マーズ・ヴォルタの全ディスコグラフィーに加え、『ランドスケープ・タントラムズ』という『ディラウズド・イン・ザ・コーマトリアム』期の未発表音源が収録され、舞台裏を撮影したフォトブックも同梱される。

180グラムのアナログ盤にプレスしたボックスセットは5000セット限定で、4月23日にリリースされる。

更なる詳細はこちらから。

https://us.cloudshillshop.com/collections/featured/products/the-mars-volta-la-realidad-de-los-suenos-vinyl-box-set

ザ・マーズ・ヴォルタは短い動画を投稿して『ラ・リアリダッド・デ・ロス・スエニョス』のリリースを予告していた。

ザ・マーズ・ヴォルタの再結成についてはここ2年間にわたって何度かバンドによって示唆されてきた。2019年にヴォーカリストのセドリック・ビクスラー・ザヴァラはツイッターでファンに「実現するよ」と述べていた。

さらにセドリック・ビクスラー・ザヴァラは再結成について新しい音源にかかっていると述べていた。

「『お気に入りのメンバーによるラインナップ』で『クラシックなアルバム』を全編演奏するようなものにはならないということは言えるよ。もしかしたら古い曲も演奏するかもしれないけど、僕たちがどう思うかなんて誰にも分からないだろうけどね」

「僕らは過去の活動においても、リクエストされた曲を演奏したり、過去に一直線に向かうようなことはしなかったということを思い出してほしいんだ。新しいものだよ。新しい人々による、予測外の変化であり、これまでとは違う、マジパンのような夢物語であり、チュロスたちの願いなんだ」

「オマー・ロドリゲス・ロペスが新しい音楽をかけた時には、涙を流してしまったよ。映画『ロミオとジュリエット』のクレア・デインズのようにね。すごく奇妙だったね。今は音楽にとって幼年期にあるんだ。締め切りは定めていないし、薬物でハイになったりもしていない。何らドラマは起きていないし、単に二人の大人の男たちが、エッセンシャル・オイルや大胆な香りの新しい香水を使いながらアイディアを出し合って、芝生の中をお尻で移動しながら虫を駆除しようとしているに過ぎないんだ」

昨年、カニエ・ウェストは取り組んでいるアルバムでマーズ・ヴォルタとのコラボレーションを示唆している。カニエ・ウェストはマーズ・ヴォルタの“The Widow”を使ったスポーツの映像をツイッターに投稿しており、次のように述べている。「マーズ・ヴォルタがアルバムを完成させるには必要だ」

オマー・ロドリゲス・ロペスとセドリック・ビクスラー・ザヴァラが率いるマーズ・ヴォルタは2012年に解散している。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ