GETTY

Photo: GETTY

メタリカは『メタル・マスター』のリリースから35周年を記念してアメリカのテレビ番組で“Battery”を披露している。

メタリカの通算3作目となるアルバム『メタル・マスター』は1986年3月3日にリリースされており、昨日で35周年を迎えている。

それを記念して『ザ・レイト・ショウ・ウィズ・スティーヴン・コルベア』に出演したメタリカはアルバムの冒頭を飾る“Battery”を演奏している。

パフォーマンス映像はこちらから。

先日、メタリカのラーズ・ウルリッヒはバンドの新作について「遅々として進まない」と語り、しばらくはアルバムが日の目を見ないことを示唆している。

メタリカは2016年11月にリリースされた『ハードワイアード…トゥ・セルフディストラクト』に続く新作に意識を向けており、11月には「すごく真剣にソングライティングに取り組んで」いたと語っており、先月にはアルバムがメタリカ史上最高のアルバムとなると語っていた。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ