GETTY

Photo: GETTY

バラク・オバマ元大統領はポッドキャスト『レネゲイズ:ボーン・イン・ザ・USA』の一環で44曲のプレイリストが公開されている。

ブルース・スプリングスティーンと共演したこのポッドキャストでバラク・オバマ元大統領はシャワーを浴びている時に歌うのが大好きだと語っていた。

「シャワーを浴びながら歌ったり、屋外のシャワーでも歌ったりね。歌うのに気恥ずかしさはないんだ」とバラク・オバマ元大統領は笑いながら語っている。「娘や妻は呆れた表情をしているよ」

それを受けてマーヴィン・ゲイやボブ・ディラン、ビヨンセらの楽曲が収録されたプレイリストをスポティファイはシャワー用のプレイリストとして紹介している。

プレイリストには共演したブルース・スプリングスティーンの曲が9曲含まれており、2種類の“Born In The USA”も収録されている。

ブルース・スプリングスティーンとバラク・オバマ元大統領によるポッドキャストは2月23日から全3エピソードが公開されている。

バラク・オバマ元大統領は大統領を退任した後も好きな楽曲のプレイリストを数多く公開している。

12月にはバラク・オバマ元大統領は2020年のお気に入りの曲をまとめたプレイリストをスポティファイで公開している。ミーガン・ザ・スタリオン、マック・ミラー、J・コール、フェイ・ウェブスターらの楽曲がプレイリストには収録されている。

11月にはエミネムやブルース・スプリングスティーン、ジェイ・Zらの楽曲を収録した在任期間中のプレイリストも公開されていた。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ