GETTY

Photo: GETTY

その世代では最も崇拝されたレゲエ・ミュージシャンのバニー・ウェイラーが亡くなった。享年73歳だった。

本名をネヴィル・オライリー・リヴィングストンというバニー・ウェイラーはキングストンで生まれて、ボブ・マーリーとピーター・トッシュと共にザ・ウェイラーズを結成している。

ボブ・マーリーは1981年にガンで亡くなり、ピーター・トッシュは1987年に殺害されており、バニー・ウェイラーはザ・ウェイラーズの結成メンバーで唯一の存命のメンバーとなっていた。

バニー・ウェイラーの訃報は彼のマネージャーとジャマイカの文化相であるオリヴィア・グレンジによって発表されている。

死因については発表されていないものの、2020年7月に発作で入院していた。

ジャマイカの首相であるアンドリュー・ホルネスは追悼の意を表明しており、「ジャマイカにとって、レゲエにとって大きな喪失」だと述べている。

後にボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズとなるザ・ウェイラーズは1963年に結成され、ジャマイカのチャートで首位を獲得する最初のヒット曲“Simmer Down”を同年発表している。その後は“Trenchtown Rock”、“Nice Time”、“War”、“Stir It Up”、“Get Up, Stand Up”といったヒット曲が続いている。

バニー・ウェイラーはザ・ウェイラーズの曲の作曲も複数手掛け、彼の代名詞とも言える“Dreamland”ではリーヴぉ・ヴォーカルを担当している。

1974年にオリジナル・ラインナップとしては解散した後、バニー・ウェイラーはソロ・キャリアで成功を収めている。彼は1991年、1995年、1997年の3度、グラミー賞で最優秀レゲエ・アルバム賞を受賞している。2004年にも参加したトゥーツ・アンド・ザ・メイタルズの“True Love”もグラミー賞を受賞している。

2017年にバニー・ウェイラーはジャマイカで最高の栄誉とされるメリット勲章を受章している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ