GETTY

Photo: GETTY

ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーとアッティカス・ロスはピクサーによる『ソウル』に提供した音楽で2021年のゴールデン・グローブ賞で作曲賞を受賞している。

基本的にダークで難解な作品に提供されることの多いトレント・レズナーとアッティカス・ロスによる音楽だが、対照的な『ソウル』について彼が作曲したプロジェクトで最も子どもに観てもらいたいものだと冗談を飛ばしている。

「これは自分がこれまで手掛けてきた作品でも子どもに観てもらえる初めての作品なんだ」とトレント・レズナーは受賞スピーチで語っている。

トレント・レズナーとアッティカス・ロスは今年のゴールデン・グローブ賞でデヴィッド・フィンチャー監督の『マンク』でも同賞にノミネートされていた。

『ソウル』の映画音楽についてトレント・レズナーとアッティカス・ロスは『ヒロイック・ハリウッド』に「地球上のものではない」と語っている。

トレント・レズナーは次のように続けている。「僕らの最初のステップはいつも監督がどういう人か話を聞いて、理解しようとすることなんだ。何をその人が見ているのか、何を想像しているのかってね」

「『ソウル』の世界に行ったら、どんな気持ちになるのか、話し合うなのに多くの時間を費やしたんだ。そこから本物の楽器や仮想音源、シンセサイザーなどに満ちたスタジオに戻って、かなりの時間を違う楽器や違うアレンジで事件するのに使うんだ。その世界の家具を作るのが気持ち的には正しいと思えるんだよね」

他の注目の受賞作はクロエ・ジャオ監督による『ノマドランド』が作品賞と監督賞を受賞している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ