GETTY

Photo: GETTY

ザ・ビートルズのリンゴ・スターは来月グラミー・ミュージアムでオンラインの展覧会が開催されることが決定している。

リンゴ・スターは2013年に開催された展覧会「ピース&ラヴ」のオンライン・バージョンと新旧のインタヴューが公開される予定だという。

展覧会「ピース&ラヴ」はリンゴ・スターの幼少期からザ・ビートルズ以前のバンド時代、ザ・ビートルズ加入後など、彼の人生を振り返るものとなっている。

今回のオンライン・バージョンではそれまで未公開だった写真や書類、個人的な手紙、その他の品々など、「ピース&ラヴ」で展示されたものの画像を観ることができる。

また、3月4日にはグラミー・ミュージアムでライヴ・フロム・ザ・ヴォールトからリンゴ・スターの2010年のインタヴューが公開されることも決定している。3月18日にはグラミー・ミュージアムの設立者であるボブ・サンテリによる新たなインタヴューも公開される。新たなインタヴューでは3月19日にリリースされるEP『ズーム・イン』と新著『リンゴ・ロックス:30イヤーズ・オブ・ザ・オール・スターズ 1989-2019』について語るという。

オンラインの展覧会とインタヴューはアイアン・マウンテン・エンタテインメント・サービスとの提携によるストリーミング・サービス「コレクション」で初公開される。

リンゴ・スターはEP『ズーム・イン』でポール・マッカートニーと共演しているほか、フー・ファイターズのデイヴ・グロール、フィニアスともコラボレーションしている。

先日、リンゴ・スターはここ数年で何度かポール・マッカートニーとライヴで共演したことについて振り返っていた。「大好きだよ、彼と一緒にやるのはね」とリンゴ・スターは語っている。「観客は『あのうちの2人がいるぞ』って感じでね。楽しい形で全部が盛り上がったんだ。だから、いい時間を過ごせたよね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ