GETTY

Photo: GETTY

レディオヘッドはセカンド・アルバム『ザ・ベンズ』の作曲とリハーサル時に使っていたスケッチブックがオークションで5000ポンド(約74万円)で落札されている。

オークションを主催したオメガ・オークションによれば、このスケッチブックはレディオヘッドが作業をしていたオックスフォードの倉庫で「楽器とPAサウンドシステムを貸していた男性」によって1993年に入手されたものとなっている。

A2のスケッチブックには手書きのスケッチ、『ザ・ベンズ』に関連するコードや歌詞が書かれているとのことで、アルバムの最後の曲“Street Spirit (Fade Out)”や3曲の未発表曲“Too Easy”、“Idiot Boy”、“Dead Bank Clerk”のものも含まれている。

オメガ・オークションのポール・フェアウェザーは「このスケッチブックはレディオヘッドの歴史において極めて重大な時期についての洞察を与えてくれます」と語っている。

匿名を希望する出品者は次のように説明している。「セッションが終わって、機材を回収して部屋を掃除していたのです」

「部屋に残っているものはバンドはもういらないから捨てるか、望むなら保管してくれと言われていたので、スケッチブックを持っておくことにしたのです」

オークションは最高額の12000ポンドで落札されると見られていたが、予約金が支払われず、5000ポンドで落札されている。

手数料を含めば、総額6400ポンド(約95万円)でスケッチブックは落札されている。

“Fake Plastic Trees”のレコーディングでコリン・グリーンウッドが使用した1960年のフェンダー・プレシジョン・ベースも今週のオークションで6000ポンド(約88万円)で落札されている。

先月、レディオヘッドは前身バンドのオン・ア・フライデー時代のデモ・テープが7600ポンド(約112万円)で落札されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ