GETTY

Photo: GETTY

クイーンのドラマーであるロジャー・テイラーはフレディ・マーキュリーの死後、ジョージ・マイケルがクイーンのフロントマンの依頼を断ったという長年の噂について否定している。

ジョージ・マイケルは1992年にウェンブリー・スタジアムで行われたフレディ・マーキュリー追悼コンサートで3曲クイーンのヴォーカリストを務めており、バンドの新たなヴォーカリストになるのではという憶測を呼んでいた。

それが実現することはなかったものの、ロジャー・テイラーはジョージ・マイケルに依頼したことはないし、長期間のヴォーカリストには合わなかっただろうと語っている。

「噂を聞いたのは覚えているけど、僕らには合わなかったと思うよ」と彼は『クラシック・ロック』誌に語っている。

「ジョージはライヴ・バンドと一緒にやろうとはしなかったからね。リハーサルで自分の背後にあるパワーを聞いて、彼はそれが信じられなかったからね。彼はコンコルドなんかに乗ったとでも思ったみたいだね」

クイーンは代わりにバッド・カンパニーのポール・ロジャースを迎えており、2004年から2009年までヴォーカルを担当していた。

2011年には『アメリカン・アイドル』のアダム・ランバートをヴォーカリストに迎えており、今もフロントマンを務めている。

先日、ロジャー・テイラーはミュージシャンがヨーロッパをビザなしでツアーできなくなったことを受けてイギリス政府のEU離脱交渉を批判している。

ロジャー・テイラーはミュージシャンがビザなくヨーロッパをツアーすることを妨げるイギリス政府のEU離脱案を批判する公開書簡に署名しているが、BBCラジオ4の『ザ・ワールド・ディス・ウィークエンド』に出演して「ひどい後退のステップ」だと評していた。

クイーン+アダム・ランバートは2022年にUKツアーを行う予定となっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ