GETTY

Photo: GETTY

アクロン/ファミリーの結成メンバーであるマイルズ・シートンが亡くなった。享年41歳だった。

バンドの所属レーベルであるデッド・オーシャンズはソーシャル・メディアで訃報を発表している。死因については現時点で発表されていない。

1979年に生まれたマイルズ・シートンは2000年代初頭にニューヨークに移住し、そこで後のバンドメイトであるダナ・ジャンセン、セス・オリンスキー、ライアン・ヴァンダーフーフと出会っている。

4人は2003年にアクロン/ファミリーを結成し、ニューヨーカーの間でファンを獲得していくことになる。アクロン/ファミリーは2005年にセルフタイトルのデビュー・アルバムとエンジェルス・オブ・ライトとのスプリットLPをリリースしている。

アクロン/ファミリーはその後多作で知られ、2013年の活動休止まで『ミーク・ウォーリアー』、『ラヴ・イズ・シンプル』、『セッテム・ワイルド、セッテム・フリー』、『アクロン/ファミリーII:ザ・コズミック・バース・アンド・ジャーニー・オブ・シンジュTNT』、『サブ・ヴァースズ』をリリースしている。

マイルズ・シートンはソロ・アーティストとして活動を続け、マイルズ・クーパー・シートン名義で3枚のアルバムをリリースしている。最新作『フェーズズ・イン・イグザイル』は2017年にリリースされている。

「マイルズはやさしいバンドにいるやさしい人物の1人でした。感情がこみ上げるものとがあります」と友人でデッド・オーシャンズの創設者であるフィル・ウォルドフは述べている。

「マイルズと知り合いになれて幸運でしたし、さよならを言わなければならないことが悲しいです。みなさんと思い出を分かち合えればと思っています。今は自分にとってあまりに多くて数えられません」

エフタークラングのライリー・ウォーカー、アクロン/ファミリーのツアー・メンバーであるM・ゲド・ゲングラスらが彼に追悼の意を表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ